• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ
トップページ >利用資格/ 注意・規則 > パスワードの管理、変更/再設定
TCUアカウント

パスワードの管理、変更/再設定

TCUアカウントを付与された本学情報システムの利用者は、本学のネットワークや情報システムを快適で安全なものにする為、パスワードを厳重に管理することが義務付けられています。

パスワードはなぜ大切か

 パスワードは、自分がコンピューターを使うために必要なものです。パスワードは本人以外には秘密ですから、アカウント*1を使用して行ったことは全てその本人が行ったとみなされます。 パスワードを知られてアカウントが他人に使われてしまうと、自分は何もしていなくともトラブルに巻き込まれてしまいます。

クラッカー*2に自分のファイルを読まれたり、書き換えられたり、削除されたり、WWW上で公開されたり、公開されていたものを隠されたり、これらのことを組み合わせて悪戯をされたらどれほどの迷惑を被るか想像に難くありません。パスワードを勝手に変更されてしまったら、元のユーザーではなくクラッカーだけしかそのアカウントを使えなくなってしまいます。

また、インターネットなどネットワーク上へ悪戯することも容易です。 クラッカーが盗んだアカウントを使用してどのような悪戯をするのかわかりません。全て苦情はパスワードを盗まれた人に対して送られてきます。苦情を受けたら調査をし、事実の報告をし、おそらくパスワードを盗まれて結果として相手に迷惑をかけたことをわびなければいけません。調査はおそらくコンピューターやネットワークの管理者に詳しい状況を報告して依頼することになるでしょう。このような本来不要で非生産的な作業に大きなエネルギーが必要になります。

※キャンパスネットワークを使用していてこのような苦情を受けたら、ただちに情報基盤センター事務室へ相談してください。苦情のメールなどは必ず保存しておいてください。

*1アカウント(ユーザーアカウント):ネットワーク内でユーザーを識別するために作成されるユーザー登録情報。
このユーザーアカウントにより,ネットワークのセキュリティの確保、各ユーザーに応じた環境設定などが行なわれる。(ASCII GLOSSARYHELPより引用)
*2クラッカー:コンピューター利用のルールを守らず他のユーザーに迷惑をかける者。

パスワードはどう守るか

自分で作成したパスワードです、暗記しましょう。他人に「見せない」「教えない」ようにし「書き留める」事もやめましょう。 一人ひとりが責任を持って利用しましょう。パスワードを守ることは学内でネットワークを利用する為の義務です。

<パスワードの入力>
パスワードの入力時にはできるだけキーボードを他の人に見られないようにしましょう。周りにいる人も、パスワード入力時には顔を別の方向に向けてキーボードを見ないようにしましょう。

<パスワードの決め方>
ダメな決め方→辞書に載っている単語や自分の名前等、容易に考え付くものわかってしまうものはやめましょう。

パスワードは一定期間で変更する

 どんなパスワードを使用していても、クラッカーが総当りでパスワードを試してきたらいつかはパスワードを盗まれてしまいます。何かの拍子に周囲の人にパスワードが分かってしまうこともあり得ます。この際にはなるべく早くパスワードを変更する必要があります。
このような理由からパスワードは一定期間以上同じものを使わずに変更しましょう。安全のためにはできるだけ頻繁に変更する方がよいのですが、人がパスワードを覚えておくのには不都合です。パスワードを変更する期間として3ケ月程度がいいでしょう。

パスワード変更

TCUアカウントについては、年1度(4月~6月)パスワード変更期間を設けて一斉変更を実施しています。
2020年度は9月6日まで変更期間を延長しています。

パスワードは4月1日から6月30日までの間に変更しないと7月1日にロックされ情報システムが利用できなくなります。 忘れた場合には、パスワード再設定を行わなければなりません。

期間内に情報セキュリティポリシーやパスワード変更を実施せずにロックされてしまった場合

自己点検およびパスワード変更を行うまでロックは解除されません。以下の実施ページより自己点検およびパスワード変更を実施してください。当該ページにのみロック直前のパスワードでログインできます。
※自己点検実施後、実施済み情報がシステムに反映され、パスワードロックが解除されるまで、1時間程度かかりますのでご注意ください。

パスワードを忘れてしまった場合(再設定)

通常時は以下の手順をご案内していますが、新型コロナウイルスの影響による入構規制が解除されるまでの間、オンラインでのパスワードリセット(無償)を行います。 方法については別途ご案内しますので、パスワードを忘れた場合は、問い合わせページよりお問い合わせください。

パスワードを忘れてしまった場合、情報基盤センターで再設定します。
証明書自動発行機で、申請書(200円)を購入※し、情報基盤センター窓口(TCは事務カウンター)に提出してください。
※学部1年生の4月に限り無料で再設定できます。該当する場合は、申請書は購入せず、直接窓口でパスワード再設定手続きを行ってください。

*学生以外は、直接窓口でパスワード再設定を行ってください。
*パスワードを変更してから新しいパスワードが有効になるまで、 時間がかかる場合があります。
*受け取ったパスワードはすぐに変更してください。


Copyrights(C) Information Technology Center, TOKYO CITY UNIVERSITY All Rights Reserved.